フリーランスからの卒業

会社設立を実現させた!

準備が整ったら、いよいよ会社設立を実現させましょう。会社設立の手続きは専門家に任せることもできますし、自分でもできます。定款作成や申請書類の準備など、やらなければならないことがたくさんあります。印鑑も作らなければなりません。会社設立登記の流れや申請書類に関する知識を紹介します。フリーランスの場合、確定申告など税金対策は自分でやっている人も多いと思いますが、法人の税金対策は税理士の力を借りることをおすすめします。法人化するなら信頼できる税理士を見つけておきましょう。

会社設立までの流れ

会社設立のためには、用意する書類や様々な手続きがあります。他に類似の住所で会社名がないか「類似商号」のチェックも必要です。印鑑は「個人実印」「会社実印(代表者印)」「会社銀行印」の3点が最低限必要です。会社の基本原則を記載した「定款」を作成し、公証人役場で認証を受け、銀行に入金し「残高証明書」を発行してもらいます。そして法務局で「株式会社設立登記申請書」の審査が通れば無事会社設立という流れです。また、手続きには費用がかかります。どの場面でどのくらい必要かをきちんとチェックしておきましょう。

会社設立までの流れ....

忘れてはいけない申請書類

会社設立後には、税務署や都道府県税事務所(および市町村の税担当窓口)などに様々な書類を提出することが求められます。たとえば、「会社設立届出書」や「青色申告の承認申請書」といったもので、任意提出書類も基本的には提出した方が良いため、かなりの種類と量になります。これに加え、従業員を雇うと労働基準監督署や公共職業安定所、年金事務所など次々と書類とその提出先が増えていくため、準備が不十分な場合は会社設立直後の負担がとても大きくなります。

忘れてはいけない申請書類....

税金対策は専門家に任せよう

法人化するメリットは多いですが、会計業務はどうしても煩雑になってしまいます。そんなときに頼りになるのが税理士です。煩雑な会計業務を一手に引き受けてくれるだけではなく、節税についてのアドバイスなどもしてくれるのです。ただ、これは会社のすべてを税理士にさらけ出していることも意味しています。税理士を選ぶときには有能であることはもちろん、「一生付き合いたい」と思えるほど全幅の信頼をおける人物を選ぶようにすべきです。

税金対策は専門家に任せよう....

成長を止めないために

会社を設立した方の多くは数年で会社を廃業に追い込まれがちになります。そこでうまく持ち直せればよいのですが、そう簡単に持ち直すなんてことはできません。会社を設立したときには良いアイデアが思いつき、うまくいくと思っていてもそのアイデアを有効活用しなければうまくいきません。どうすれば仕事をとってくることができるのか、どうすれば興味のある人を見つけることができるのかを見極めるには常日頃からの努力が大切になってくるのです。

成長を止めないために....

起業したい方はチェック!

会社設立までの流れ
会社設立までの流れ
確かな人脈を広げる
確かな人脈を広げる
様々な節税ができる
様々な節税ができる